大学院保健学研究科

放射線技術科学領域

助教:小山内 暢

Noimage
学位
博士(保健学)
職位
助教
所属
保健学研究科 放射線技術科学領域
電話番号
0172-33-5111(内線5524)
e-mail
ominoru
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

放射線技術科学専攻

研究テーマ

・医療被ばくに関する研究
・放射線防護に関する研究
・規制科学に関する研究
・リスク・コミュニケーションに関する研究
・放射線教育に関する研究

キーワード

業績

著書

○国民衛生の動向 2015/2016(共著,厚生労働統計協会,2015年)
○被ばく患者対応トレーニングマニュアル(共著,弘前大学出版会,2014年)
○考えるCT撮像技術(共著,文光堂,2013年)

学術論文

○Utilization of Monte Carlo Particle Transport Simulation Code on Radiation Emergency Medicine at Hirosaki University.Kazuki Iwaoka, Masahiro Hosoda, Takakiyo Tsujiguchi, Minoru Osanai, Shinji Tokonami and Ikuo Kashiwakura.Radiation Environment and Medicine ,6(2):108-111,2017
○新たな「放射線被ばくの早見図」の提案~対数表示から面積表示へ~.小山内暢,細川洋一郎,對馬惠,工藤幸清,真里谷靖,柏倉幾郎,齋藤陽子.保健科学研究,8(1):9-15,2017
○福島第一原子力発電所事故に係る食品中の放射性物質に関する現行の基準値の検証~海産物中の規制対象核種による線量への寄与割合に対する仮定の妥当性~.小山内暢,工藤幸清,岩岡和輝,山口一郎,對馬惠,齋藤陽子,細川洋一郎.RADIOISOTOPES,66(7):259-269,2017
○在宅医療のX線撮影に利用されるFlat panel detector の画質特性と視覚評価.工藤幸清,真里谷靖,寺島真悟,鈴木紀行,川原田恒,小山内暢,廣田淳一,細川洋一郎,佐藤真由美,北嶋結,丹藤雄介.保健科学研究,7:7-12,2017
○在宅医療におけるX線画像情報転送システムの構築.工藤幸清,真里谷靖,寺島真悟,鈴木紀行,川原田恒,小山内暢,廣田淳一,細川洋一郎,佐藤真由美,北嶋結,丹藤雄介.保健科学研究,7:1-5,2017
○Comparison between Irradiation Side Sampling Flat-Panel Detector System and Computed Radiography System for Reduction of Radiation Exposure. Kohsei Kudo, Minoru Osanai, Junichi Hirota, Tuyosi Abe, Mayu Matsuoka,
Satoshi Naraki, Akira Fujimori, Yoshihiro Takai, and Yoichiro Hosokawa. Radiation Emergency Medicine, 4(2):45-52,2015
○A Method for Reducing Skin Dose under IVR Pulsed Fluoroscopic X-ray Irradiation.Kudo Kohsei, Osanai Minoru, Hirota Junichi, et al.Radiation emergency medicine,4(1):34-39,2015
○被ばく歴を考慮した実効線量限度の制限設定に関する研究.樽澤孝悦,久保田護,對馬惠,小山内暢.保健科学研究,5:57-65,2015
○Report on a Civil Protection Training Exercise in Aomori Prefecture with a Dirty Bomb Scenario.Yoko Saito, Yu Kitajima, Yoichiro Hosokawa, Kohsei Kudo, Minoru Osanai, Megumi Tsushima.Radiation Emergency Medicine,3(2):31-38, 2014
○Radiation Dose Reduction Efficiency of Buildings after the Accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station.Satoru Monzen, Masahiro Hosoda, Minoru Osanai, Shinji Tokonami. PloS ONE,9(7): e101650,2014
○Activity concentrations of environmental samples collected in Fukushima Prefecture immediately after the Fukushima nuclear accident. Hosoda M, Tokonami S, Tazoe H, Sorimachi A, Monzen S, Osanai M, Akata N, Kakiuchi H, Omori Y, Ishikawa T, Sahoo SK, Kovács T, Yamada M, Nakata A, Yoshida M, Yoshino H, Mariya Y, Kashiwakura I. Scientific Reports, 3(2283): 1-6, 2013
○Image quality and radiation dose with low tube voltage in coronary CT angiography: an experimental study with normal type and soft plaque phantom. Osanai M, Saito Y, Oyu K, Ishida J, Sato M, Sasaki T. Hirosaki Medical Journal, 64(1): 15-28, 2013
○アンケート調査による放射線技術科学専攻学生の臨床実習に対する意識調査報告.對馬惠,齋藤陽子,西澤一治,細川洋一郎,石戸俊雄,小山内暢,門前暁,寺島真悟,吉野浩教.保健科学研究,2:155-160,2012
○Individual radiation exposure dose due to support activities at safe shelters in Fukushima Prefecture. Monzen S, Hosoda M, Tokonami S, Osanai M, Yoshino H, Hosokawa Y, Yoshida MA, Yamada M, Asari Y, Satoh K, Kashiwakura I. PLoS ONE. 6(11): e27761; 10.1371/journal.pone.0027761, 2011.
○The time variation of dose rate artificially increased by the Fukushima nuclear crisis.  Hosoda M, Tokonami S, Sorimachi A, Monzen S, Osanai M, Yamada M, Kashiwakura I, Akiba S. Scientific Reports. 1(87): 1-5, 2011
○冠状動脈CTにおける撮影条件に関する基礎的研究(第1報)-正常モデルにおける検討-.小山内暢,齋藤陽子,太田晃二郎,兜森敦,大湯和彦,佐藤幸夫.弘前大学大学院保健学研究科紀要,9:127-134,2010
○頭頸部癌治療における併用化学療法を中心とした放射線治療の現状分析.細川洋一郎,吉田司,大場久照,小山内暢,齋藤陽子.弘前大学大学院保健学研究科紀要,9:119-126,2010
○Transplantation of mesenchymal stem cells to prevent radiation-induced intestinal injury in mice.Kudo K, Liu Y, Takahashi K, Tarusawa K, Osanai M, Hu DL, Kashiwakura I, Kijima H, Nakane A. Journal of Radiation Research. 51:73-79,2010

総説/解説

○冠状動脈CTにおける撮像条件に関する基礎的研究- 管電圧および管電流が画質と被曝量におよぼす影響 -.小山内暢,齋藤陽子,太田晃二郎,兜森敦.日本放射線技術学会東北部会雑誌,第19号:154-155,2010.
○医療被ばく低減に向けて~CT検査における対策~.小山内暢,齋藤陽子,細川洋一郎.ESI-NEWS,30(2):1-6,2012.

社会活動

○秋田看護福祉大学非常勤講師
○八戸市医師会立八戸准看護学院非常勤講師
○弘前大学同窓会理事
○弘前大学医学部保健学科同窓会会長

所属学会

○日本放射線技術学会
○日本医学物理学会
○日本アイソトープ協会
○日本心臓血管放射線研究会
○弘前医学会

備考

○厚生労働省 放射性物質専門職(厚生労働技官)<平成26年5月~平成28年3月>
 ・食品中の放射性物質対策に関する意見交換会
 ・Technical Meeting on Harmonization of Reference Levels for Foodstuffs and Drinking Water Contaminated Following a Nuclear Accident.IAEA Headquarters, Vienna, Austria, 8 to 12 September 2014
 ・DISCUSSION PAPER ON RADIONUCLIDES. CODEX COMMITTEE ON CONTAMINANTS IN FOODS 9th Session, JOINT FAO/WHO FOOD STANDARDS PROGRAMME, 2015 (Prepared by the Electronic Working Group led by The Netherlands and co-chaired by Japan)
○「保健科学研究」ロゴマーク採用

ページトップへ