大学院保健学研究科

放射線技術科学領域

助教:細川 翔太

Noimage
学位
修士(保健学)
職位
助教
所属
保健学研究科
電話番号
内線5526
e-mail
shosokawa
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

放射線技術科学専攻

研究テーマ

仮想化技術を用いた病院情報システムにおけるThin-Clientの提案

前期課程

研究領域

放射線技術科学領域

研究テーマ

モンテカルロシミュレーションを用いたPET/CT検査における散乱フラクションの推定

後期課程

研究領域

放射線技術科学領域

研究テーマ

PET/CT画質評価の精度向上に関する研究

キーワード

業績

著書

学術論文

(2017年)
Hosokawa S, Inoue K, Takahashi Y, Kawakami K, Kano D, Nakagami Y, Fukushi M. Relationship between tumor volume and quantitative values calculated using two-dimensional bone scan images. Radiological Physics and Technology, 2017. (in press)

Hosokawa S, Inoue K, Kano D, Shimizu F, Koyama K, Nakagami Y, Muramatsu Y, Fukushi M. A simulation study for estimating scatter fraction in whole body 18F-FDG PET/CT. Radiological Physics and Technology, 10(2): 204-212, 2017.

(2016年)
Kano D, Nakagami Y, Kurihara H, Hosokawa S, Zenda S, Kusumoto M, Fujii H, Kaneta T, Saito S, Uesawa Y, Kagaya H. Development of a double-stranded siRNA labelling method by using 99mTc and single photon emission computed tomography imaging. Journal of Drug Targeting 25(2); 172-178, 2017.

Hosokawa S
, Inoue K, Hashimoto K, Yazawa Y, Hori K, Sugino M, Fukushi M. Ambient dose rate on Mikurashima Island after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. Japanese Journal of Education for Radiological Technology, 4(1), 1-6, 2016.

Tsuruoka H, Inoue K, Hosokawa S, Fukushi M. Measurement of radon and thoron concentrations in the Tokyo Metropolitan University Arakawa Campus building. Journal of Japan Academy of Health Sciences, 19(1), 40-48, 2016.

細川翔太,小山和也,井上一雅.4D-PETにおける新たな呼吸同期収集法の最適化.日本保健科学学会誌,19(1), 33-39, 2016.

総説/解説

社会活動

所属学会

日本放射線技術学会
日本核医学技術学会
日本医学物理学会
日本医用画像工学会
日本保健科学学会

備考

【学会発表】
(2017年)
細川翔太, 井上一雅, 高橋康幸, 河上一公, 加納大輔, 中神佳宏, 福士政広. モンテカルロシミュレーションを用いた骨シンチグラフィにおける2次元定量値の精度評価.第37回日本核医学技術学会総会学術大会2017.10(神奈川県).

細川翔太, 井上一雅, 高橋康幸, 相良裕亮, 加納大輔, 中神佳宏, 須崎勝正, 福士政広. FDG-PET/CT臨床画像における散乱線含有率の評価.第37回日本核医学技術学会総会学術大会2017.10(神奈川県).

細川翔太, 井上一雅, 高橋康幸, 加納大輔, 中神佳宏, 須崎勝正, 福士政広.モンテカルロシミュレーションを用いたFDG-PET/CT臨床画像における散乱フラクションの推定.第37回日本核医学技術学会総会学術大会2017.10(神奈川県).

細川翔太, 井上一雅, 高橋康幸, 加納大輔, 中神佳宏, 福士政広. モンテカルロ法による骨シンチグラフィの模擬.第11回日本診療放射線学教育学会学術集会2017.8(東京都).

細川翔太, 井上一雅, 高橋康幸, 加納大輔, 中神佳宏, 白川浩二, 清野守央, 山本裕樹, 須崎勝正, 福士政広. FDG-PET/CT臨床画像における散乱線含有率の評価指標の提案.第8回東北FDG-PET研究会2017.7(岩手県).

Shota Hosokawa. Estimation of scatter fraction in PET/CT examination using Monte Carlo simulation. Chiang Mai – Hirosaki Joint Workshop on Health Sciences 2017.7 (Aomori).

(2016年)
Hosokawa S, Inoue K, Fukushi M. A simulation study for estimating scatter fraction of human body in FDG-PET/CT. European Association of Nuclear Medicine 2016.10 (Barcelona, Spain).

細川翔太.モンテカルロシミュレーションを用いたPET/CTにおける患者毎の散乱フラクションの推定.国立病院関東甲信越放射線技師会第46回学術研究会2016.5(東京都).

細川翔太,井上一雅,加納大輔,村松禎久,中神佳宏,福士政広.FDG-PET/CTにおける散乱フラクションの推定.第72回日本放射線技術学会総会学術大会 2016.4(神奈川県).

ページトップへ