大学院保健学研究科

総合リハビリテーション科学領域

助教:石川 大瑛

Noimage
学位
修士(保健学)
職位
助教
所属
弘前大学大学院保健学研究科 総合リハビリテーション科学領域
電話番号
0172-39-5519
e-mail
takaaki
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

理学療法学専攻

研究テーマ

足部疾患の評価、治療に関する研究
頸椎疾患のQOLに関する研究

キーワード

業績

著書

学術論文

l石川大瑛,尾田 敦,成田大一,他. 高校女子バレーボール選手における足関節捻挫が下肢アライメントおよび運動能力に与える影響,青森スポ研誌,20101913-17.

l成田大一,吉田英樹,石川大瑛,他. 解剖学的モーターポイントと電気生理学的モーターポイントの関係とそれらの構造について 第1解剖学的手法によるモーターポイントの位置の特定,東北理学療法学,20112317-21.

lNarita H, Yoshida H, Ishikawa T, et al. Does the location of the motor point identified with electrical stimulation correspond to that with the gross anatomical method?Journal of Physical Therapy Science2011. 737-739.

l石川大瑛,尾田 敦,成田大一,他. 足関節装具が運動課題の成績に及ぼす影響,青森スポ研誌,20112019-23.

l高橋信人,尾田 敦,石川大瑛.足部内側縦アーチの高さと足底圧中心軌跡の関連,靴の医学,201124101-104.

l石川大瑛,畠山優, 阿部寛子, . 圧迫性頚部脊髄症の患者立脚型アウトカムと歩行評価との関連,秋田理学療法,20122039-42.
成田大一,吉田英樹,石川大瑛,他. 電気生理学的モーターポイントと解剖学的モーターポイントは一致するか?. 東北理学療法学,2012245-10.

lNarita H, Omori S, Ishikawa T, et al. Localization of the motor point of the tibialis anterior muscle with electrical stimulation for effective neuromuscular electrical stimulation. J Health Sci Res. 2012. 2115-121.

l對馬史織,尾田敦,石川大瑛,他. 後足部アライメントを考慮した前足部可動性の測定方法の開発. 東北理学療法学,20122428-33.

l石川大瑛, 畠山優, 阿部寛子, . 圧迫性頚部脊髄症における術前のFoot tapping testJOACMEQの関係性,東北理学療法学,20132555-58.

l葛西文寿,成田大一,石川大瑛,他. 姿勢変化時の足底接地面積の変化と運動能力の関係について,東北理学療法学,20132591-96.

l石川大瑛,成田大一,高橋信人,他. 足関節捻挫後のGiving Wayの有無に関連する因子の検討. 靴の医学,201326114-118.

l柏木智一, 横山徹, 石川大瑛, . 腰部脊柱管狭窄症の術後3ヵ月の歩行能力とquality of life,秋田理学療法,20142221-25.

l石川大瑛, 畠山優, 阿部寛子, . 日本整形外科学会頸部脊髄症評価質問票 (JOACMEQ) に対する下肢運動機能, ADL, 疼痛・しびれの関係,東北理学療法学,201426134-138.

l石川大瑛,成田大一,高橋信人,他. 足関節捻挫受傷後の足関節装具の長期使用が足関節機能に与える影響について,靴の医学,20142739-43.

l石川大瑛.急性散在性脳脊髄炎で完全麻痺となった症例の長期理学療法を経験して~後方移乗の獲得まで~,秋田理学療法,20152343-47.

総説/解説

 

社会活動

所属学会

社団法人日本理学療法士協会
日本靴医学会
青森県理学療法士会
青森県アスレティックトレーナーの会

備考

ページトップへ