大学院保健学研究科

生体機能科学領域

教授:中村 敏也

Toshiya Nakamura
学位
博士(医学)
職位
教授
所属
弘前大学大学院保健学研究科保健学専攻 医療生命科学領域 生体機能科学分野
電話番号
0172-39-5969
e-mail
toshiyan
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

検査技術科学専攻

研究テーマ

・ヒアルロン酸合成酵素と分解酵素の活性調節
・プロテオグリカンおよびグリコサミノグリカンの機能
・癌の浸潤と細胞外マトリックス
・新規被ばくマーカーの検索

前期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

・ヒアルロン酸合成酵素と分解酵素の活性調節に関する研究
・プロテオグリカンおよびグリコサミノグリカンの構造と機能に関する研究
・放射線被ばくの細胞外マトリックスに及ぼす影響に関する研究
・癌の浸潤と細胞外マトリックス

後期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

・ヒアルロン酸合成酵素と分解酵素の活性調節
・プロテオグリカンおよびグリコサミノグリカンの構造と機能

キーワード

ヒアルロン酸、細胞外マトリックス、4-メチルウンベリフェロン、 プロテオグリカン、グリコサミノグリカン、マトリックスメタロプロテアーゼ

業績

著書

1.Nakamura, T., Nakamura, R, Yoneda, M., Yoshihara, S., Nanashima, N., Ishikawa, T., and Kuwabara, H.
4-Methylumbelliferone, an inhibitor for hyaluronan synthesis, also suppresses matrix metalloproteinase-9 expression.
In: New Targets for Cancer Prevention and Therapy, Hirosaki University Press, Hirosaki, Japan (2008) in press
2.Nakamura, T., Sakamoto, A., Ishikawa, T.
Effects of hyaluronan on matrix metalloproteinase activities in skin fibroblasts.
In: New Development in Glycomedicine, ICS 1223, Elsevier Science, Amsterdam, the Netherlands (2001) pp.259-263
3.中村敏也、遠藤正彦: グリコサミノグリカンの異化:新生化学実験講座(日本生化学会編)第3巻 糖質Ⅱ、プロテオグリカンとグリコサミノグリカン、239-244頁、(1991) 東京化学同人  他

学術論文

1. Nanashima N, Horie K, Tomisawa T, Chiba M, Nakano M, Fujita T, Maeda H, Kitajima M, Takamagi S, Uchiyama D, Watanabe J, Nakamura T, Kato Y. (2015) Phytoestrogenic activity of blackcurrant (Ribes nigrum) anthocyanins is mediated through estrogen receptor alpha. Mol Nutr Food Res, 2015 Sep 23. doi: 10.1002/mnfr.201500479. [Epub ahead of print]
2. Kasai K, Ishikawa T, Nakamura T, Miura T. (2015) Antibacterial properties of L-amino acid oxidase: mechanisms of action and perspectives for therapeutic applications. Appl Microbiol Biotechnol, 99(19), 7847-7857. doi: 10.1007/s00253-015-6844-2. Epub 2015 Aug 5.
3. Nakamura T, Yoshino H, Yamaguchi M, Tsujiguchi T, Chiba M, Hosoda M. (2015) Report on the 1st Educational Symposium on RADIATION AND HEALTH by Young Scientists (ESRAH2014).  Radiat Emerg Med, 4 (2), 65-69.
4. Yoshioka H, Hoshiai K, Nakamura T, Horie K, Washiya K, Watanabe J. (2015) Usefulness of evaluation of nuclear color by visible-microscopic spectroscopy for objective differentiation between non-cancer and cancer cells prepared using liquid-based cytology. J Cytol Histol, 6:308. doi: 10.4172/2157-7099.1000308
5. Kasai K, Fujita S, Ishikawa T, Nakano M, Chiba M, Nanashima N, Nozaka H, Miura T, Nakamura T. (2015) Demonstration of Epidermal Growth Factor-like Activity in Salmon Cartilage Proteoglycans. J Health Sci Res, 5, 93-104.
6. Kasai K, Hashiguchi K, Takahashi H, Kasai A, Takeda S, Nakano M, Ishikawa T, Nakamura T, Miura T. (2015) Recombinant production and evaluation of an antibacterial L-amino acid oxidase derived from flounder Platichthys stellatus. Appl Microbiol Biotechnol, 99(16), 6693-6703. doi: 10.1007/s00253-015-6428-1. Epub 2015 Feb 8.

他 英文原著論文 約80編

総説/解説

Nakamura, T., Takagaki, K., and Endo, M.
New hyaluronan-degrading enzymes. Connect. Tiss. 28, 15-19, 1996.  他

社会活動

International Society for Hyaluronan Sciences (Full member),日本結合組織学会評議員,日本生化学会評議員,放送大学非常勤講師 他

所属学会

International Society for Hyaluronan Sciences,日本生化学会,日本結合組織学会,日本糖質学会,マトリックス研究会

備考

リンク
弘前大学HP [弘前大学 教育研究総覧] 個人HP
研究内容
研究内容(前期課程) 研究内容(後期課程)
ページトップへ