医学部保健学科

理学療法学専攻

助教:髙橋 純平

Noimage
学位
博士(保健学)
職位
助教
所属
総合リハビリテーション科学領域
電話番号
0172-39-5977
e-mail
junpei
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

理学療法学専攻

研究テーマ

脳卒中片麻痺者の歩行自立判定について
上肢を用いた立ち上がり動作について

キーワード

業績

著書

藤澤宏幸 編,日常生活活動の分析,医歯薬出版,18上肢を用いた立ち上がり動作

学術論文

 

高橋純平,鈴木孝氏:在宅介護における主介護者の介護負担感に影響を及ぼす要因,東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要,2011731-36

高橋純平
,神先秀人:脳卒中片麻痺患者の立ち上がり動作能力と身体機能ならびにADLとの関係,総合リハビリテーション,20134155-62

高橋純平,鈴木博人,西山徹,他:ハムストリングスの即時的伸張効果~寒冷療法,スタティックストレッチングによる影響~,東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要,2013929-33

高橋純平,鈴木博人,西山徹,藤澤宏幸:椅子からの立ち上がり動作における座面高の違いと足部位置との関係,東北理学療法学,20142654-57

Junpei TakahashiAkiyoshi TakamiSaichi Wakayama: Clinical Reasoning of Physical Therapists regarding In-hospital Walking Independence of Patients with HemiplegiaJournal of Physical Therapy Science201426771-775

高橋純平,西山徹:回復期病棟患者における抑うつの有無が「できるADL」と「しているADL」の差に与える影響:,東北理学療法学,20152710-13

総説/解説

高橋純平,高見彰淑,若山佐一:脳卒中片麻痺者における歩行の自立判定方法ならびに関連要因の検討,理学療法科学,201227731-736

社会活動

所属学会

日本理学療法士協会

備考

認定理学療法士(ひとを対象とした基礎領域)

ページトップへ