医学部保健学科

TOPICS

被ばく医療人材育成推進委員会放射線看護教育部門が、弘前大学表彰を受けました。

更新日:2017/06/02

集合写真・保 集合写真(全学) 表彰状

平成29531日、被ばく医療人材育成推進委員会放射線看護教育部門が弘前大学表彰を受け、佐藤 敬 学長から表彰状と記念品を授与されました。

 

本研究科では、文部科学省の支援により平成20年度から被ばく医療に対応できる人材育成を推進してきました。中でも看護職の役割は重要で、福島第一原子力発電所事故を契機に放射線の知識を有する看護職の養成が急務となり、平成27年度から博士前期課程に放射線看護高度看護実践コースを設置しました。この間、本部門のメンバーを中心に平成24年度から日本放射線看護学会の設立、専門看護師の新たな分野として「放射線看護」を特定するための活動を継続的に行ってきました。

その成果もあり、平成27年度には専門看護師の「放射線看護」分野が特定されました。

平成28年度末には本コースの教育課程が高度実践看護師(専門看護師)の放射線看護専攻教育課程として認定され、平成29年度から本格的な教育が開始となりました。

国内で同様の課程を有するのは長崎大学、鹿児島大学と併せて3大学院のみです。

 

これらの活動が教育研究等支援活動において顕著な功績であると認められ、このたび弘前大学表彰を受章するに至りました。



ページトップへ