医学部保健学科

TOPICS

ストックホルム大学放射線防護研究センターと部局間学術協力協定を締結

更新日:2014/03/13

  弘前大学大学院保健学研究科は、スウェーデン王国・ストックホルム大学放射線防護研究センターと学術協力協定を3月6日に締結しました。
  調印式は、医学部コミュニケーションセンターで行われ、ストックホルム大学放射線防護研究センター長を務めるアンジェイ・ヴォイチク教授が訪問し、對馬均保健学研究科長と協定書に署名しました。
  ストックホルム大学は、スウェーデンの首都ストックホルムにある国立大学で、1878年に設立されました。自然科学、人文科学、法学、社会科学の学 部を有し、放射線防護研究センターは、放射線生物学、放射線環境学、放射線計量学などの分野に携わる科学者達を擁しています。
  協定書は、人的交流の発展と教育・研究の交流を促進することを目的として、研究協力、施設の相互利用、教職員の交流、学生の交流など7つの項目が記載されており、双方にとって非常に有意義な連携となることが期待されます。
  また、放射線線量評価の世界的権威であるヴォイチク教授による講演が行われ、普段は聞くことのできない放射線被ばく線量評価の現状と問題点について学ぶことができました。

  3月7日には、学長表敬訪問が行われました。同行した對馬保健学研究科長、真里谷教授、小山内国際交流委員長とともに、終始和やかな会談が行われました。



参照ファイル

当日の様子
ページトップへ