カリキュラム

統合実習U

統合実習Uは4年間の学習の集大成として行われる実習です。
看護職者は、人々の健康の保持増進や健康回復のために、病院に限らず、地域で生活している人々を対象に多様な場で活動するとともに、活動の場も拡大しています。そこで、多様な場での看護活動について理解を深め、広い視野から看護の役割について総合的に学ぶことを目的としています。
実習の場は、小学校、中学校、特別支援学校などの学校保健の分野、企業での看護として産業保健分野、一次予防・二次予防としての健診センター、市町村保健センター、助産所などです。
病院内においても、これまでの実習では経験できない救急医療や地域連携室など、地域とのつながりの深い場での実習や高度看護実践活動として、様々な認定看護師を理解する実習も行われています。