地域貢献・支援活動

トップページ地域貢献・支援活動つがるブランド地域先導ナース育成事業

つがるブランド地域先導ナース育成事業

病院からつなぐ地域包括ケア看護実践者育成コース

【事業概要】

超高齢社会において地域包括ケアシステムを推進するなかで、急性期から地域での暮らしや看取りまで見据えた看護を提供できる看護師を育成することを目指し、平成27年度から病院からつなぐ地域包括ケア看護実践者育成コースという研修プログラムを開催しています。

病院看護師は地域の生活者として捉えて医療を提供する必要がありますが、地域医療・福祉の現状を知る機会はなかなか持てない現状もあります。このコースは、病院だけで医療を完結するのではなく、地域完結志向に向けて必要な知識・技術を習得するために行っています。

【プログラム概要】
■対象者
病院で勤務されている看護師が対象です。部署などは問いません。
■実施期間
9月〜翌年1月に実施しています。
■プログラムの構成
以下の3つに分かれています。

① 基礎的な知識を得るための講義形式は1ヵ月に2回のペース、土曜日もしくは日曜日に開催します。
② 現場で行われているケアの実際を理解するために実習を計画しています。
③ 勤務場所に入院した事例の経過に添って実践していくケースの検討を行い、意見交換をしています。

案内や実施報告等は以下をご覧ください。

事例検討会の様子ご案内のポスター

事例検討会の様子

ご案内のポスター

この事業は弘前大学保健学研究科教員と弘前大学医学部付属病院看護部、地域の病院や訪問看護事業所、介護福祉施設の代表等が連携協力しながら、推進しています。