H22年度卒業生の声

H22年度卒業生の声

弘前大学での4年間の大学生活はとても充実したものでした。

私は助産選択で看護学と同時に助産学も学びました。看護学の授業や実習と並行して助産学の学習も進みます。
そのため大変なことも多いですが、助産学の授業や実習を通して助産師として働きたいという思いがより強くなり、助産師として就職することを決めました。
また、助産選択は少人数のため、お互いに勉強した部分やわからない部分を確認し合いながら学び、人間関係を深めることができます。
仲間と共に様々な経験をし、多くのことを学び、充実した大学生活を送ってもらいたいと思います。

【平成22年度卒 女性】

私にとって、大学生活は大きな変化の時期でもあり、とても充実したものでした。

私は入学当初、看護師を志望していましたが、最終的には保健師を志望するようになりました。
そのように変わるきっかけを与えてくれたのが、4年間で経験した授業や課外活動、サークル活動、アルバイトです。 そして、何よりその中で出会った多くの先生方や友人達でした。
弘大では、貴重な経験をする機会を多く与えてもらうことが出来ます。それらひとつひとつに積極的に参加し、 多くの人と出会い、知識や技術を身に付けるだけでなく、人間的にも成長出来る大学生活を送って欲しいと思います。

【平成22年度卒 女性】

大学で出会った先生方、友人、そして医療者や患者さんとのご縁が今の私を築いてくれたのだと思っています。

私は小さい頃から変わらぬ夢を持ち、念願の弘前大学に入学しました。 大学生活を送ることは良いことばかりではなく、辛いこともありましたが、全てを経験出来たことで自分自身の内面の成長ができたと感じています。
4年間は信じられないほどあっという間ですが、いつも夢を持ち、出会いのご縁を大切にしていくことで自分の道が見えてくると思います。

【平成22年度卒 女性】

弘前大学の魅力は、医学部の中に医学科と保健学科5専攻があるところだと思います。

1年生の頃から他専攻の方と一緒に授業を受けたり、また、部活動することで、自分の視野が物凄く広がりましたし、 同じ学生生活を過ごしてきた仲間という感覚がもてました。これはとても貴重な体験だと思っています。
もう1つ、部活動やサークルが豊富だということも魅力です。私は部活で、一生の付き合いをしたいと思えるくらい尊敬できる人達と出会うことができました。 このような素敵な出会いが沢山あるので、皆さんも看護を勉強しながら大学生活を楽しんで欲しいと思います。

【平成22年度卒 女性】