専攻主任挨拶
専攻の概要
作業療法とは
カリキュラム
講義・実習紹介
教員紹介
卒業後の進路
卒業生から
在校生から
卒業論文集
専攻のイベント
リンク
トップページ
カリキュラム

 本専攻のカリキュラムでは、1年次・2年次には21世紀教育(教養教育)と基礎的な専門科目を学びます。
3年次・4年次になると、より高度の専門知識を学び、臨床実習を通じて知識を応用・発展させます。
また、4年次の後期には卒業研究を行います。


 
教育目標と関連科目


○人間の身体と精神を理解し、全人間的視点をもつ医療人を育成する
 関連科目:人体形態学、人体機能学、人体病理学、運動学、内科学、神経内科学、筋骨格系障害学、精神医学、保健学概論、健康医療福祉倫理学、コミュニケーション論、リスクマネージメントなど

○実践的な問題解決能力と治療技術を身につける
 関連科目:救急・蘇生医学、リハビリテーション医学、作業療法総論、基礎作業学、作業分析学実習、身体障害作業療法学、高次脳機能障害作業療法学、発達期機能障害作業療法学、老年期機能障害作業療法学、日常生活活動能力学、精神機能障害作業療法学、精神能力障害作業療法学、臨床実習など

○地域性や社会的ニーズにおける医療福祉サービスを理解する
 関連科目:身体障害地域作業療法学、精神障害地域作業療法学、生活支援作業療法学など

○問題意識を持ち、自己研鑽に努める
 関連科目:基礎ゼミナール、研究方法論演習、卒業研究など