専攻主任挨拶
専攻の概要
作業療法とは
カリキュラム
講義・実習紹介
教員紹介
卒業後の進路
卒業生から
在校生から
卒業論文集
専攻のイベント
リンク
トップページ
作業療法とは

 本専攻で学ぶ、「作業療法」について説明します。
 作業療法士の職能団体である、日本作業療法士協会では、作業療法を次のように定義しています。

日本作業療法士協会による定義(1985年)


 作業療法とは、身体または精神に障害がある者、またそれが予測される者に対し、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持及び開発を促す作業活動を用いて、治療、指導および援助を行うことをいう。

厚生労働省では、作業療法を次のように定義しています。

厚生労働省による定義:理学療法士及び作業療法士法(1965年

 作業療法とは、身体または精神に障害がある者に対し、主としてその応用的動作能力または社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作そのほかの作業をおこなわせることをいう。

また、世界作業療法士連盟(World Federation of Occupational Therapists)では作業療法を以下のように定義しています。

Definition of Occupational Therapy
 Occupational therapy is a client-centred health profession concerned with promoting health and well being through occupation. The primary goal of occupational therapy is to enable people to participate in the activities of everyday life. Occupational therapists achieve this outcome by working with people and communities to enhance their ability to engage in the occupations they want to, need to, or are expected to do, or by modifying the occupation or the environment to better support their occupational engagement. (WFOT 2012)

つまり、作業療法とは、「身体障がい」、「精神障がい」といった障がいの分類や、年齢に関わらず、あらゆる人を対象に、心身の障がいの回復または、その予防、さらには、生きがいや心の健康も取り戻すことができるよう、作業活動を用いて治療・援助を行うことです。