専攻主任挨拶
専攻の概要
作業療法とは
カリキュラム
講義・実習紹介
教員紹介
卒業後の進路
卒業生から
在校生から
卒業論文集
専攻のイベント
リンク
トップページ
専攻の概要

 作業療法学専攻は、前身の弘前大学医療技術短期大学部作業療法学科を含め、国内有数の長い歴史を持ちます。

 本専攻は、リハビリテーション医療の一員である作業療法士の育成を目的として専門職に必要な教養科目を学び、かつ専門的な知識と技術を修得するための専攻です。
 
 リハビリテーション医療は、身体または精神に障害のある人に対し、全人間性の回復を理念として、生き甲斐ある生活獲得を目標としています。 作業療法は、リハビリテーションの目標のために、人間の身体精神機能、日常生活の諸活動並びに作業活動能力の回復などを目的として、主に「作業」を用いて治療訓練を行います。

 作業療法で用いられる「作業」とは、工芸、手芸、美術、スポーツ、レクリエーションなど様々ですが、その治療的活用は、人間の身体精神機能、日常生活の諸活動並びに作業活動能力の回復をなめらかに導くために適切に調整準備されて行われます。ゆえに作業の研究が作業療法学の中で重要な課題です。

 教育指針は、障害者の生活そのものを見つめ、彼らの生きる意義を感受できる豊かな人間性の育成を基本に、医学はもちろんこと、心理学、教育学、社会学、人間科学、工学など幅広い学問を基礎とし、障害者の評価学、治療学、日常生活動作学、職業前評価訓練学などを学びながら作業の研究を修得することです。

 卒業すれば作業療法士国家試験の受験資格を得ることができます。

 また、本専攻は、世界作業療法士連盟(World Federation of Occupational Therapists : WFOT)の認定校です。本専攻を卒業することで、WFOT加盟国のほとんどの国で作業療法士として働くことができます。