セミナー・イベント情報

令和元年度 被ばく医療研修 開催案内


 弘前大学大学院保健学研究科では,本学が掲げる「放射線科学及び被ばく医療における安心・安全を確保するための国際的な教育研究の推進」の一環として「被ばく医療人材育成推進プロジェクト」を展開しており,平成22年度からスタートした看護師と診療放射線技師を対象とした緊急被ばく医療短期教育プログラム「被ばく医療研修(旧名称・現職者研修)」の開催も今年で10回目となります。被ばく医療や放射線に関する知識の習得,他職種との協働を目的とした講義・演習に加え,2日目の演習では実際の被ばく事故を想定したシミュレーションを本番さながらの緊張感をもって実施いたします。

 本研修は入門的内容となっておりますので,初めて被ばく医療を学ぶ方,放射線の基礎知識の習得や復習をお考えの方,また,他職種とのチーム連携や教育ネットワーク作りに興味のある方にも大変お勧めです。どうぞお気軽にご参加ください。


1.開催期間

● 令和元年8月31日(土)~ 9月1日(日)
※事前学習として,インターネットを利用したe ラーニングによる学習プログラムを実施していただきます。
 詳しくはプログラムの「事前学習」をご覧ください。
※eラーニングは7月下旬の開講を予定しております。


2.開催場所

● 弘前大学大学院保健学研究科(青森県弘前市本町66-1)


3.プログラム


被ばく医療研修プログラム(事前学習)【PDF】


被ばく医療研修プログラム(研修1日目・2日目)【PDF】



4.募集コース

● 看護職コース
● 診療放射線技師コース


5.対象者及び募集人数

● 看護職者及び診療放射線技師 合わせて15名


6.申し込み期間

● 令和元年6月3日(月)~7月15日(月・祝)

※先着優先。募集定員に達し次第,受付を締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。


7.受講料

● 無料


8.申し込み方法

Eメールによるお申し込みとなります。
「申込書のダウンロード」から所定の様式(Wordファイル)をダウンロードし,必要事項を記載のうえ下記によりお申し込みください。

診療放射線技師コースの募集受付は終了しました。

申込書のダウンロード【Word】


お申し込み先

hh_hh@hirosaki-u.ac.jp

  • メール件名を「被ばく医療研修参加申し込み」とし,申込書を添付して送信してください。

申し込み締め切り

  令和元年7月15日(月・祝)

  • 申込み受付完了後に指定のメールアドレスに確認メールをお送りします。お申込み1週間以内に確認メールが届かない場合は下記の問い合わせ先までご連絡ください。
  • 受講の可否については7月下旬にメールでのご連絡を予定しております。

9.その他

  • 本研修の修了者には修了証を発行いたします。
  • お弁当の注文をご希望の方は申込時に承ります(お弁当代 700円/個・お茶付)。
  • 1日目プログラム終了後にグループごとの翌日のシミュレーションの打ち合わせ,引き続いて『情報交換会』(軽食やお飲み物をご用意しております)を企画しております(参加費1,000円/人)。
    チームワークを円滑にするためにも情報交換会へのご参加をぜひお待ちしております。
  • 研修にはパンツスタイル,スニーカーなどの動きやすい服装でご参加ください。
  • 講師及び講義のタイトルは一部変更になる場合があります。
  • 研修は原子力規制庁が実施する「原子力災害時医療中核人材研修」とは異なりますのでご留意ください。

10.主催

弘前大学大学院保健学研究科 被ばく医療人材育成推進委員会 被ばく医療教育研修部門

お問い合わせ先

弘前大学保健学研究科 総務グループ(担当:桑田)
〒036-8564 青森県弘前市本町66-1
Tel:0172-39-5518  Fax:0172-39-5912
E-mail:hh_hh@hirosaki-u.ac.jp

ページの先頭へ