専攻主任挨拶
専攻の概要
作業療法とは
カリキュラム
講義・実習紹介
教員紹介
卒業後の進路
卒業生から
在校生から
卒業論文集
専攻のイベント
リンク
トップページ
専攻主任挨拶
作業療法学専攻主任 小山内 隆生教授
 

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、人々にとって目的や価値を持つ生活行為を通して行われる治療、指導、援助です。私たちの日常生活は様々な生活行為を遂行することによって営まれています。内科疾患や精神科疾患および外傷などによって生じた障害は、人々の生活行為の遂行を困難にします。作業療法士は、そのような人々に寄り添って彼らの生活行為遂行能力の向上を目指します。

 

作業療法の対象は身体障害、精神障害、発達障害、高齢期障害等多岐にわたります。これらの人々の生活能力やQOLの向上のためには、作業療法士は幅広い知識と柔軟な価値観を必要とされます。作業療法学専攻は、様々な対象者に対して、多様なアプローチを用いた支援を行うことができる優れた作業療法士を養成するために専門知識の習得のみならず、人格の陶冶を目指した教育課程を編成しております。みなさん、弘前大学医学部保健学科作業療法学専攻で学んでみませんか。