大学院保健学研究科

看護学領域

教授:井瀧 千恵子

Noimage
学位
博士(教育学)
職位
教授
所属
看護学領域
電話番号
0172-39-5974
e-mail
itakichi
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

看護学専攻

研究テーマ

・慢性疾患患者の看護
・運動の習慣化
・がん看護
・放射線療法を受ける患者の看護
・原子力災害医療

前期課程

研究領域

看護学領域

研究テーマ

○身体活動が生体や感情に与える影響に関する研究
○がん放射線治療の有害事象の看護ケアに関する研究
○看護教育における被ばく医療に関する研究

後期課程

研究領域

看護学領域

研究テーマ

○身体活動が生体や感情に与える影響に関する研究
○看護教育における被ばく医療に関する研究

キーワード

生活習慣
運動の習慣化
放射線看護
原子力災害医療
災害看護

業績

著書

・看護ヘルスアセスメント(メヂカルフレンド社)
・新版 生涯スポーツと運動の科学(市村出版)

学術論文

・救急・集中治療病棟に勤務する看護師の1年間の精神的ストレスの変化(日本臨床救急医学会雑誌6:371-377)
・若年女性の黄体期における快適自己ペース運動は血中エストラジオール濃度を上昇させ感情を改善する(日本運動生理学雑誌,13:18-28)
・青年女性における20分間の快適自己ペース運動が感情と脳波左右偏側性に及ぼす影響(弘前大学大学院保健学研究科紀要)
・2型糖尿病患者の健康プログラム介入群と対照群の身体活動量の比較(保健科学研究)
・乳がん患者の放射線皮膚炎に対するスキンケアの指導の実際 がん放射線療法看護認定看護師とがん放射線治療に携わる看護師との比較(日本放射線看護学会誌)

総説/解説

・夕方における快適自己ペース運動の実施が青年男女の夜間睡眠に及ぼす影響(北海道大学大学院教育学研究科紀要88:131-140)
・青年期女性の身体運動による情動(感情)の最適化に関する検討(北海道大学大学院教育学研究科紀要97:81-93)
・特集 被ばく医療における看護の人材育成と研究 弘前大学大学院被ばく医療人材育成プロジェクト 現職者を中心とする被ばく医療教育(看護研究,46(1), 39-46)

社会活動

・青森県被ばく医療実践対応指導者育成研修の講師及び運営(2015~現在)
・安定 ヨウ素剤 の事前 配布 に係る研修会の講師(2016)
・附属病院における実習指導者研修の講師(2009~現在)

所属学会

・日本看護協会
・日本看護研究学会
・日本看護科学学会
・日本放射線看護学会

備考

リンク
弘前大学HP [弘前大学 教育研究総覧]
ページトップへ