医学部保健学科

理学療法学専攻

助教:髙橋 純平

Noimage
学位
博士(保健学)
職位
助教
所属
総合リハビリテーション科学領域
電話番号
0172-39-5977
e-mail
junpei
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

理学療法学専攻

研究テーマ

脳卒中片麻痺者の歩行自立判定に関する研究
上肢を用いた立ち上がり動作に関する研究
ストレッチングに関する研究
理学療法の臨床推論過程に関する研究

前期課程

研究領域

総合リハビリテーション科学領域

研究テーマ

○脳卒中患者の歩行自立判定に関する研究
○基本動作,特に上肢を用いた立ち上がり動作に関する研究
○理学療法における思考過程,臨床推論過程に関する研究
○理学療法評価・治療に関する研究

キーワード

理学療法,運動療法,脳卒中,立ち上がり動作,臨床推論

業績

著書

・高橋純平:藤澤宏幸 編,日常生活活動の分析,第2版,医歯薬出版,2020,第18章上肢を用いた立ち上がり動作

・高橋純平:対馬栄輝,有馬慶美 編,理学療法アクティブ・ラーニング・テキスト 骨関節障害理学療法学,文光堂,2020,第11章「脊髄損傷」

・髙橋純平:高見彰淑 編,セラピストのための脳卒中評価指標の解釈と活用,メジカルビュー社,2020,Ⅳ章「運動機能」SARA,Ⅶ章「移動操作」6分間歩行テスト

学術論文

・高橋純平,石川 玲:大腿四頭筋の等尺性収縮運動における血圧と脈拍の変動,山形理学療法学, 2007,4,26-31.

・高橋純平,鈴木孝氏:在宅介護における主介護者の介護負担感に影響を及ぼす要因,東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要,2011,7,31-36.

・高橋純平,神先秀人:脳卒中片麻痺患者の立ち上がり動作能力と身体機能ならびにADLとの関係,総合リハビリテーション,2013,41,55-62.

・高橋純平,鈴木博人,古舘裕希,皆川七穂,奥山かおり,小野寺豪,狩野純平,小坂直樹,佐藤志保,田部綾香,村田瑞希,吉木大海,西山徹:ハムストリングスの即時的伸張効果~寒冷療法,スタティックストレッチングによる影響~,東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科紀要,2013,9,29-33.

・高橋純平,鈴木博人,西山徹,藤澤宏幸:椅子からの立ち上がり動作における座面高の違いと足部位置との関係,東北理学療法学,2014,26,54-57.

・Junpei Takahashi,Akiyoshi Takami,Saichi Wakayama.Clinical Reasoning of Physical Therapists regarding In-hospital Walking Independence of Patients with Hemiplegia.Journal of Physical Therapy Science.2014.26.771-775.

・高橋純平,西山徹:回復期病棟患者における抑うつの有無が「できるADL」と「しているADL」の差に与える影響,東北理学療法学,2015,27,10-13.

・Jumpei Takahashi,Toru Nishiyama, Yoshimasa Matsushima.Does grip strength on  the unaffected side of patients with hemiparetic stroke reflect the strength of other   ipsilateral muscles? .Journal of Physical Therapy Science.2017.29.64-66.

・高橋純平,川崎くみ子,五十嵐世津子,對馬均:骨盤底筋体操中の筋活動に関するパイロットスタディ 表面筋電計による分析,Uro-Lo 泌尿器Care & Cure,2018,23,362-366.

・高橋純平,西山徹:脳卒中片麻痺者の上肢を用いた立ち上がり方法の違いによる運動学的分析.東北理学療法学,2018,30,34-38.

・高橋純平,長澤卓真,今野龍之介,高玉茜,石澤咲希,濱口唯,三船昂平:下腿三頭筋へのダイレクトストレッチングによる即時効果―スタティックストレッチングとの比較―,理学療法研究,37,p3-7,2020.

・Jumpei Takahashi:Relationship between the ability to stand and physical function in stroke survivors with hemiplegia: a pilot study,Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science,12,p4-8,2021.

・Jumpei Takahashi,Hiroto Suzuki,Naoki Tanaka,Toru Nishiyama:.Muscle activity during bridge exercises on different types of floor surfaces,Journal of Physical Fitness and Sports Medicine,10,p199-203,2021.

・高橋純平,横田純一:脳卒中片麻痺者の病棟内歩行自立判定に必要な評価項目に関する質問紙調査―理学療法士と臨床実習に制限のあった理学療法学生の比較―,日本リハビリテーション教育学会誌,4,p52-56,2021.

高橋純平,横田純一.脳卒中片麻痺者の病棟内歩行自立判定に必要な評価項目に関する質問紙調査(第2報)―総合臨床実習経験の有無による比較―.日本リハビリテーション教育学会誌,4,p143-147,2021.

高橋純平,髙見彰淑,鈴木麻梨子,渡辺浩太,川上真吾,榊望,阿部千恵,若山佐一.脳卒中片麻痺患者を対象とした病棟内歩行自立評価表作成の試み.理学療法研究,39,8-12,2022.

 

総説/解説

・高橋純平,高見彰淑,若山佐一:脳卒中片麻痺者における歩行の自立判定方法ならびに関連要因の検討,理学療法科学,2012,27,731-736.

社会活動

「東北理学療法学」査読委員(2017-)
青森県理学療法士会表彰委員(2018-)
日本運動器理学療法学会選挙管理委員(2021-)

所属学会

日本理学療法士協会
青森県理学療法士会

備考

専門理学療法士(基礎理学療法)
認定理学療法士(学校教育)

リンク
弘前大学研究者総覧
ページトップへ