カリキュラム

成人看護学

成人看護学は成人期にある人々を対象にし、健康に関連した問題の解決を目指す学問です。

成人とその家族を健康レベル(急性期、回復期、慢性期、ターミナル期)の視点で捉え、健康レベルに応じた生命機能の回復・維持、セルフケア能力の最大限の発揮、最適健康の実現に向けた看護を学びます。

具体的には、成人期の特徴、がんや生活習慣病などの疾患、痛み・不安など様々な症状に対する看護について講義を受けます。また、採血の方法、皮膚のケアの方法、生活習慣病や手術後の生活への指導方法、体調が悪化した時のケアなど、さまざまな技術を学びます。

演習・学内実習の様子

皮膚のケアについて演習しています 関節可動域の評価について演習しています
皮膚のケアについて演習しています
関節可動域の評価について演習しています
呼吸訓練の方法について演習しています 心電計による心電図測定を行っています
呼吸訓練の方法について演習しています
心電計による心電図測定を行っています
真空管採血について演習しています 経鼻経管栄養について演習しています
真空管採血について演習しています
経鼻経管栄養について演習しています
一次救命処置について演習しています 体調が悪化した時の看護ケアについて学習しています
一次救命処置について演習しています
体調が悪化した時の看護ケアについて学習しています
手術後の看護ケアについて学習しています1 手術後の看護ケアについて学習しています2
手術後の看護ケアについて学習しています
手術後の看護ケアについて学習しています