カリキュラム

老年看護学

老年期は人生の最終ステージですが、決して衰えることのみではなく、成熟した段階と捉えることができます。高齢者の健康は個人差の大きいのが特徴です。加齢・老化による様々な病気や症状を抱えながらも、「自分の身の回りのことはなるべく自分でやること=自立した生活」は回復/維持できるのです。生活行動―歩行・食事・睡眠・着替え・入浴・トイレ動作など―が不自由になれば、介護保険法を中心としたさまざまな法制度を活用し、福祉用具の利用や看護・介護などのケアをうけることが可能となりました。

わが国は超高齢化社会となり、高齢者の自立した生活―その人らしさ―を維持するため、地域包括ケアシステム構築に向けて、各地域で、世代間交流を深めた様々な取り組みが行われています。地域では、介護支援専門員(ケアマネージャー)をはじめ、医師、歯科医師、看護師、保健師、栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、社会福祉士など多職種が、施設内・施設間で連携しています。高齢者の心身の健康には、家族はもちろん、地域・社会の人々との関わりは、基本的欲求(食べたい、寝たい、など)と同様に不可欠です。人の声がけとケアは、高齢者のQOL(Quality of Life=生命/生活の質・満足度)の向上に大きく関与するからです。

授業概要:科目は、1.老年看護学概論、2.老年看護方法論、3.老年看護学実習T、4.老年看護学演習、5.老年看護学実習Uから構成されています。 主な内容は、以下の通りです。

1.老年看護学概論、2.老年看護方法論

高齢者の理解、社会における高齢者の役割、健康レベルに応じた援助方法など老年看護の基本を学びます。

3.老年看護学実習T

介護老人施設、デイケア、デイサービス、地域で活動されている高齢者を対象に、高齢者理解のために生活歴を中心としたインタビューを実施します。傾聴することにより、高齢者にとって振り返ることの意義と語る時の思い、心の豊かさを学びます。これを基に小冊子を作り、ご本人にお渡しします。

4.老年看護学演習

高齢者模擬体験により、高齢者の生活行動と援助の関連が理解できます。高齢者の不自由さと介助の意義を実感しながら、多様な生活環境に伴うリスク―転倒、摂食障害、寝たきり・寝かせきり状態など―とその予防や対応について主体的に学びます。同時に、高齢者への尊敬の念、接する態度が育まれます。

5.老年看護学実習U

これまでの知識や技術をもとに、地域の病院(回復期病棟・一般病棟・地域包括ケア病棟などで看護過程を用いて)、介護老人保健施設、特別養護老人施設、デイケア、デイサービス等で、ケアの実際と課題について学びを深めます。

高齢者模擬体験の様子

階段の昇り降り 高齢者が使用する車いすなど 高齢者が使用する車いすなど 高齢者が使用する車いすなど
高齢者模擬体験 高齢者模擬体験をする場面 高齢者模擬体験をする