大学院保健学研究科

博士前期課程 領域紹介

看護学領域

 本領域では,看護基礎教育および看護実践経験を基盤とし,看護の課題を自律的・科学的に探究し,看護学の発展に寄与する能力を育むことを目的とします。
 具体的には,個人・家族・集団・地域の対象者に対して高度な看護を実践する能力,看護実践やケア環境の質の改善に向けて取り組む能力,ケア環境を改善する分析能力,多職種間の協働を推進する能力,看護実践に関係する法制度による影響を考察する能力,看護学の教育環境改善に取り組む能力を育むための教育・研究を行います。

【事前相談】
出願希望者は、出願前に、指導を受けようとする教員と電話、E-mail等で連絡を取り、入学後の研究等について必ず相談を行って下さい。なお、担当教員に連絡が取れない場合は、本学学務グループ(TEL 0172-39-5911、E-mail: jm5911@hirosaki-u.ac.jp)に問い合わせて下さい。

教員一覧

教員
研究テーマ
教授:齋藤 久美子
・中高年の健康維持、QOL向上に関する研究
・看護職者の職務満足や患者指導など看護サービスの質の向上に関する研究
教授:西沢 義子
・肥満、痩せ、ボディイメージ、食行動
・生活習慣等の健康状態のアセスメントに関する研究
・看護教育方法に関する研究
・放射線看護に関する研究
教授:工藤 せい子
・日常生活活動が生体に与える影響に関する研究
・障害をもっている人々のセルフケア・QOL向上に関する研究
教授:長内 智宏

教授:木立 るり子
〇継続看護に関する研究
〇在宅看護・訪問看護に関する研究
教授:高橋 徹

教授:樋口 毅
骨脆弱化予防におけるプロテオグリカンの役割
人体の老化とプロテオグリカン
妊娠、産褥を通した骨代謝の検討
婦人科悪性腫瘍後のヘルスケア
月経異常と女性のQOL
教授:野戸 結花
・がんの症状緩和ケアに関する研究
・放射線被ばく患者の看護に関する研究
教授:井瀧 千恵子
・身体活動が生体や感情に与える影響に関する研究
・看護教育における放射線防護教育に関する研究
・原子力災害医療における看護職の役割に関する研究
・抗酸化食品の摂取が放射線治療後の酸化ストレス度に及ぼす影響 
教授:北宮 千秋
・慢性疾患児の保護者の社会的支援ネットワークに関する研究
・原子力災害における住民支援に関する研究
准教授:五十嵐 世津子
・女性のライフイベントに関する研究
・生殖医療を受けている女性の看護に関する研究
准教授:三崎 直子
・母乳育児に関する研究
・周産期のケアに関する研究
・助産師のケアスキルに関する研究
・助産学教育に関する研究
准教授:藤田 あけみ
・看護基礎教育における教育方法改善に関する研究
・シミュレーション教育を活用した看護教育に関する研究
・大腸がん患者のQOLに関する研究
准教授:小倉 能理子
・看護職者の職業意識・キャリア形成
・看護職者の職場適応
・看護職者の継続教育
准教授:大津 美香
・医療問題のある認知症高齢者の看護に関する研究
・認知症の行動・心理症状(BPSD)に関する研究
・慢性疾患をもつ高齢者の疾病管理に関する研究
・一般高齢者の認知症予防に関する研究
准教授:冨澤 登志子
・糖尿病の療養支援に関する研究
・効果的な運動療法および看護者の運動指導能力に関する研究
・放射線のリスク認知
・クリティカルシンキングと看護診断
・抗酸化食品の機能性と動脈硬化
・シミュレーション教育
講師:則包 和也
精神看護 認知行動療法 コミュニケーション 
講師:漆坂 真弓
被ばく医療における看護に関する研究
慢性性疾患患者の体験・療養支援に関する研究
ページトップへ