大学院保健学研究科

博士前期課程 領域紹介

生体検査科学領域

 本領域では、細胞レベルから生体までを対象とし、それらについての生体機能と病態解析を教育・研究の主軸とします。生体機能では、生体の構造と機能、恒常性(ホメオスターシス)維持機構、免疫制御、その破綻によって生じる種々の病態、癌、白血病、糖尿病、動脈硬化等について問題点を挙げるとともに、最新の知見や方法論に関する教育・研究を行います。病態解析では、正常を対照として、腫瘍、血液疾患、感染症等の病態について、遺伝子レベルから細胞レベル、更にマクロレベルでの解析方法、予想される結果、最新知見、現時点での問題点とその解決策、最新の動向、今後の課題・展開等についての教育・研究を行います。これらの成果は診断・治療等への開発に繋がります。

【事前相談】
出願希望者は、出願前に、指導を受けようとする教員と電話、E-mail等で連絡を取り、入学後の研究等について必ず相談を行って下さい。なお、担当教員に連絡が取れない場合は、本学学務グループ(TEL 0172-39-5911、E-mail: jm5911@hirosaki-u.ac.jp)に問い合わせて下さい。

教員一覧

教員
研究テーマ
教授:木田 和幸
疫学的視点からみた,家庭や職場,地域における生活上の環境因子と健康影響に関する研究
教授:高見 秀樹
止血異常疾患・血栓性疾患における血液凝固因子および血小板機能検査、特に分子マーカーの有用性に関する研究
教授:吉田 光明
・一般健常人における染色体異常と放射線感受性に関する研究
・緊急被ばく医療における生物学的線量評価法に関する研究
・放射線発がんと染色体異常に関する研究
・放射線防護薬剤の効果と染色体異常に関する研究
・固形がんの発生・進展機構における染色体異常の役割に関する研究
教授:中村 敏也
・ヒアルロン酸合成酵素と分解酵素の活性調節に関する研究
・プロテオグリカンおよびグリコサミノグリカンの構造と機能に関する研究
・放射線被ばくの細胞外マトリックスに及ぼす影響に関する研究
・癌の浸潤と細胞外マトリックス
教授:渡邉 純
・子宮内膜癌細胞における性ステロイドホルモンの作用機序解析
・子宮内膜癌の予後・予知因子の解析
・子宮頸癌の癌化機序解析
・組織細胞診検体の形態学的、分子病理学的およびデジタル画像解析
教授:伊藤 巧一
・造血幹細胞の骨髄定着と未分化維持に関わる分子メカニズムの解明
・免疫細胞上に発現するG蛋白共役型7回膜貫通受容体の機能解析
教授:丹藤 雄介
1.糖尿病に関する臨床研究:CGMs(持続血糖測定システム)を使用した糖尿病の病態解析、新規バイオマーカーの開発
2.消化吸収機能、栄養に関する臨床研究:安定同位体13Cで標識した基質を用いた呼気試験による各種疾患の病態解析
3.(慢性膵炎モデルを利用した)膵臓の線維化メカニズムの解明
准教授:武尾 照子
・消化酵素の分泌調節機構
・細胞内Ca2+調節機構
准教授:三浦 富智
・新規細胞遺伝学的線量評価能の開発
・リンゴプロシアニジンの生活習慣病予防効果の解明
・被ばく影響マーカーの検索
・放射線生物影響調査(復興支援)
講師:石川 孝
・硫酸化グリコサミノグリカンの機能に関する研究
・放射線被ばくのバイオマーカー検索
講師:藤岡 美幸
・食品媒介感染症起因菌における感染経路の科学的解明に関する研究
・各種病原細菌における簡易検査法の開発に関する研究
講師:七島 直樹
・乳腺におけるHair keratinの機能解析
・Hirosaki hairless ratの乳腺早期退縮に関する研究
講師:千葉 満
○細胞外小胞エキソソームの機能に関する研究
○癌と機能性RNAに関する研究
○癌浸潤・転移に関する研究
○疾患の早期発見バイオマーカーに関する研究
助教:吉岡 治彦
・紫外・可視顕微分光法を用いたがん細胞の病理組織細胞学的解析
・がん早期発見のための形態学的解析
・病理画像解析におけるがん細胞の特徴抽出
・病理組織細胞検査の精度管理と検査技術向上
助教:堀江 香代
・網羅的Micro RNA解析を用いたヒト卵巣癌プロファイルの探索
・卵巣癌の増殖・浸潤を抑制するエクソソーム内在マイクロRNA探索と作用機序の解明
・プロゲステロンによる子宮内膜癌・増殖抑制刺激伝達系の網羅的解析
ページトップへ