大学院保健学研究科

博士後期課程 領域紹介

放射線技術科学領域

 医療分野の放射線応用は100年以上が経過し、現代医療では、診断や治療における放射線の重要性は極めて大きいです。機器工学によるハードウェアおよびソフトウェアの進歩により、放射線技術が発展し現代医療を支えています。放射線技術科学領域博士後期課程では、画像診断および放射線治療における情報工学、システム工学、生物科学などの先端的な手法、学理について、研究者として基礎を学ぶべく、教育・研究を行います。

【事前相談】
出願希望者は、出願前に、指導を受けようとする教員と電話、E-mail等で連絡を取り、入学後の研究等について必ず相談を行って下さい。なお、担当教員に連絡が取れない場合は、本学学務グループ(TEL 0172-39-5911、E-mail: jm5911@hirosaki-u.ac.jp)に問い合わせて下さい。

教員一覧

教員
研究テーマ
教授:山田 正俊
・環境中における天然および人工放射性核種の挙動に関する研究
・生体試料中の放射性核種の分析による内部被ばく線量評価に関する研究
・福島原発事故により放出された放射性核種の環境動態に関する研究
・核燃料物質、特にプルトニウムのグローバルな挙動に関する研究
教授:柏倉 幾郎
・造血幹細胞の放射線感受性とサイトカインの作用
・放射線防護剤の開発と作用機序の解明
・小児を中心とした医療被ばくの実態に関する調査
教授:中川 公一
・電子スピン共鳴(ESR)による皮膚角層構造のイメージング(画像)に関する研究
・放射線照射で生ずるモノ、ジ-サッカライドおよびアラニンのラジカルのイメージング(画像)に関するESR研究
・フリーラジカル・活性酸素および抗酸化剤のモデル反応中間体に関するESRイメージング研究
教授:細川 洋一郎
・ガン細胞における放射線誘発アポトーシスの機構解明
・放射線による有害事象の研究
・高エネルギー放射線の線量測定および線量計算の研究
教授:齋藤 陽子
・MRIやCT検査等の画像診断における撮像方法の最適化と生命予後に及ぼす影響等の有用性の検討
・画像診断における被曝等の問題点と生命予後に及ぼす影響等の有用性の検討
教授:床次 眞司
・放射線計測技術・線量評価手法の高度化・標準化に関する研究
・環境中の放射性物質・放射線の測定にかかる評価並びに動態に関する研究
・放射線防護体系構築のためのリスク解析研究(リスクコミュニケーション、疫学調査など)
教授:敦賀 英知
・肺胞弾性線維形成の制御に関する研究

・皮膚真皮の弾性系線維の形成機構に関する研究

・眼球毛様体小帯の紫外線照射による改造機構に関する研究
准教授:廣田 淳一

講師:門前 暁
下記リンク参照
講師:細田 正洋
・環境中の放射線および放射性核種の計測・動態評価・線量評価に関する研究
・緊急被ばく医療における放射線計測手法の高度化および線量評価に関する研究
助教:細川 翔太
PET/CT画質評価の精度向上に関する研究
教授:高橋 康幸
● トレーサ情報解析に関する研究
● SPECTおよびPET画像の画質向上に関する研究
● 診療放射線技師に係る法規に関する研究
● 医療被ばく線量の低減に関する研究
ページトップへ