大学院保健学研究科

博士後期課程 領域紹介

生体検査科学領域

 本領域では、人間の“生命活動”に係わる生体機能や病態解析について、科学的解析手法を駆使してエビデンスを追究し、サイエンスとしての保健学の更なる深化を図るとともに、今日的な保健医療の課題に対して、職種の枠を越えて相補的に連携・協働することから、特定領域に縛られない新しい発想と創造的思考力を培います。

【事前相談】
出願希望者は、出願前に、指導を受けようとする教員と電話、E-mail等で連絡を取り、入学後の研究等について必ず相談を行って下さい。なお、担当教員に連絡が取れない場合は、本学学務グループ(TEL 0172-39-5911、E-mail: jm5911@hirosaki-u.ac.jp)に問い合わせて下さい。

教員一覧

教員
研究テーマ
教授:木田 和幸
家庭や職場,地域における生活上の環境因子と健康影響に関する研究
教授:高見 秀樹
・抗血小板薬の止血機能に及ぼす作用に関する研究
・血小板活性化を検出する分子マーカーの研究
教授:吉田 光明
・一般健常人における染色体異常と放射線感受性に関する研究
・緊急被ばく医療における生物学的線量評価法に関する研究
・放射線発がんと染色体異常に関する研究
・放射線防護薬剤の効果と染色体異常に関する研究
・固形がんの発生・進展機構における染色体異常の役割に関する研究
教授:中村 敏也
・ヒアルロン酸合成酵素と分解酵素の活性調節
・プロテオグリカンおよびグリコサミノグリカンの構造と機能
教授:渡邉 純
・子宮内膜癌細胞における性ステロイドホルモンの作用機序解析
・子宮内膜癌の予後・予知因子の解析
・子宮頸癌の癌化機序解析
・組織細胞診検体の形態学的、分子病理学的およびデジタル画像解析
教授:伊藤 巧一
・マウス臍帯血移植による免疫系再構築に関する研究
・新規細胞接着機構の探索とそのシグナル伝達経路の解析
教授:丹藤 雄介
1.糖尿病に関する臨床研究:CGMs(持続血糖測定システム)を使用した糖尿病の病態解析、新規バイオマーカーの開発
2.消化吸収機能、栄養に関する臨床研究:安定同位体13Cで標識した基質を用いた呼気試験による各種疾患の病態解析
3.(慢性膵炎モデルを利用した)膵臓の線維化メカニズムの解明
准教授:三浦 富智
・新規細胞遺伝学的線量評価能の開発
・リンゴプロシアニジンの生活習慣病予防効果の解明
・被ばく影響マーカーの検索
・放射線生物影響調査(復興支援)
ページトップへ