大学院保健学研究科

博士後期課程 領域紹介

看護学領域

 本領域では学部及び博士前期課程における教育・研究を基盤とし,人々の健康を保持増進し,生活の質(QOL)向上に向けた独創的・学際的な研究を自立的に進め,幅広い学識と高度な専門性,倫理性を身につけた教育・研究者を育成することを目的とします。
 具体的には看護学領域を中心とした保健・医療・福祉分野における高度な専門知識と倫理性を深め,教育・研究者として学際的・グローバルな視点で研究を展開します。人々の健康保持増進や生活の質(QOL)向上に向けた看護介入の有効性等について,エビデンスを探求します。また,保健・医療・福祉分野における多職種との連携を通して看護学の理論構築を図ります。

【事前相談】
出願希望者は、出願前に、指導を受けようとする教員と電話、E-mail等で連絡を取り、入学後の研究等について必ず相談を行って下さい。なお、担当教員に連絡が取れない場合は、本学学務グループ(TEL 0172-39-5911、E-mail: jm5911@hirosaki-u.ac.jp)に問い合わせて下さい。

教員一覧

教員
研究テーマ
教授:齋藤 久美子
・中高年の健康維持、QOL向上に関する研究
・看護職者の職務満足や患者指導など看護サービスの質の向上に関する研究
教授:西沢 義子
・ボディイメージ・食行動・身体組成の評価方法に関する研究・
・疾病予防・健康増進のための教育方法・支援方法に関する研究
教授:工藤 せい子
・障害を持っている人の日常生活活動が生体に与える影響に関する研究
・障害を持っている人々のセルフケア・QOL向上に関する研究
教授:長内 智宏

教授:木立 るり子
地域ケア包括ケアシステムに関する実践論、当事者論に関する研究
教授:高橋 徹

教授:樋口 毅
骨脆弱化予防におけるプロテオグリカンの役割
人体の老化とプロテオグリカン
妊娠、産褥を通した骨代謝の検討
婦人科悪性腫瘍後のヘルスケア
月経異常と女性のQOL
教授:野戸 結花
がんの症状緩和ケアに関する研究
教授:井瀧 千恵子
・身体活動が生体や感情に与える影響に関する研究
・看護教育における放射線防護教育に関する研究
・原子力災害医療における看護職の役割に関する研究
・抗酸化食品の摂取が放射線治療後の酸化ストレス度に及ぼす影響 
教授:北宮 千秋
・慢性疾患患児家族への支援に関する研究
・健康の保持、増進へ向けた保健活動に関する研究
ページトップへ