大学院保健学研究科

生体機能科学領域

講師:石川 孝

講師:石川 孝
学位
博士(医学)
職位
講師
所属
弘前大学大学院保健学研究科保健学専攻 医療生命科学領域 生体機能科学分野
電話番号
0172-39-5936
e-mail
ti3054
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

検査技術科学専攻

研究テーマ

・硫酸化グリコサミノグリカンの機能
・癌細胞の浸潤・転移に関係する細胞外マトリックスタンパク質分解酵素の制御

前期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

・硫酸化グリコサミノグリカンの機能に関する研究
・放射線被ばくのバイオマーカー検索

キーワード

細胞外マトリックス グリコサミノグリカン タンパク質分解酵素

業績

著書

・Nakamura, T., Nakamura, R, Yoneda, M., Yoshihara, S., Nanashima, N., Ishikawa, T., and Kuwabara, H. 4-Methylumbelliferone, an inhibitor for hyaluronan synthesis, also suppresses matrix metalloproteinase-9 expression. In: New Targets for Cancer Prevention and Therapy, Hirosaki University Press, Hirosaki, Japan (2008) in press
・Nakamura, T., Sakamoto, A., Ishikawa, T. Effects of hyaluronan on matrix metalloproteinase activities in skin fibroblasts. In: New Development in Glycomedicine, ICS 1223, Elsevier Science, Amsterdam, the Netherlands (2001) pp.259-263

学術論文

・Nakamura, R., Kuwabara, H., Yoneda, M., Yoshihara, S., Ishikawa, T., Miura, T., Nozaka, H., Nanashima, N., Sato, T., and Nakamura, T. Suppression of matrix metalloproteinase-9 by 4-methylumbelliferone.Cell Biol. Int., 31, 1022-1026 (2007)
・Nanashima, N., Ishikawa, T., Miura, T., Nozaka, H., Sato, T., and Nakamura, T. Alteration of MMP and TIMP expression in human skin fibroblasts under acidic culture conditions. Bull. Health Sci. Hirosaki., Vol.6, pp135-139, (2007)
・Nakamura, T., Ishikawa, T., Nanashima, N., Miura, T., Nozaka, H.,Nakaoka, R., and Sato, T. 4-Methylumbelliferone induces membrane type 1-matrix metalloproteinase in cultured human skin fibroblasts. Biochem. Biophys. Res. Commun., 298, 646-650 (2002)
・Sato, T., Chiba, M., Kamiyama, T., Miura, T., Kanagawa, Y., Nakano, K., Sato, T., Ishikawa, T., Nozaka, H., Kogawa, R., and Yasujima, M. Cytofluorometric nuclear DNA content analysis of breast tissues following frozen section diagnosis. Anal. Quant. Cytol. Histol. 22, 70-75 (2000)
・Sato, T., Miura, T., Nakano, K., Nozaka, H., Sato, T., Ishikawa, T.,  Chiba, M., Kanagawa, Y., Kizawa, C., Hasegawa, S., and Yasujima, M. Reliable differential diagnosis between osteosacroma and regenerative bone cells in rats through simultaneous analysis of nuclear DNA content and nuclear size.Anal. Quant. Cytol. Histol. 22, 327-332 (2000)

総説/解説

社会活動

所属学会

・日本生化学学会
・日本癌学会
・日本電気泳動学会
・日本結合組織学会

備考

リンク
弘前大学HP [弘前大学 教育研究総覧]
研究内容
研究内容
ページトップへ