大学院保健学研究科

生体機能科学領域

助教:堀江 香代

kayo horie
学位
博士(医学)
職位
助教
所属
保健学研究科 医療生命科学領域 病態解析科学分野
電話番号
0172-39-5527
e-mail
k-horie
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

検査技術科学専攻

研究テーマ

・網羅的Micro RNA解析を用いたヒト卵巣癌プロファイルの探索
・卵巣癌の増殖・浸潤を抑制するエクソソーム内在マイクロRNA探索と作用機序の解明
・プロゲステロンによる子宮内膜癌・増殖抑制刺激伝達系の網羅的解析

前期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

○卵巣癌におけるエクソソーム内在因子に関する研究
○子宮内膜癌細胞における性ステロイドホルモンの作用機序解析
○カシスフィトケミカルによる生活習慣病の予防

後期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

○カシスフィトケミカルによる生活習慣病の予防
○細胞外小胞(エクソソーム)による腫瘍マーカー及び、がんの予後・予知因子に関する研究

キーワード

病理組織細胞学
卵巣癌エクソソーム
microRNA
子宮内膜癌のエストロゲン・プロゲステロン作用

業績

著書

弘前大学レクチャーコレクションLecture4 「がんを捉える」, 弘前大学出版会,単行本共著(一般書),堀江香代他, 2020

学術論文

Kayo Horie , Naoki Nanashima, Hayato Maeda , Toshiko Tomisawa  , Indrawati Oey. Blackcurrant ( Ribes nigrum L.) Extract Exerts Potential Vasculoprotective Effects in Ovariectomized Rats, Including Prevention of Elastin Degradation and Pathological Vascular Remodeling. Nutrients, 13, 560. https://doi.org/10.3390/nu13020560, 2021

Naoki Nanashima ,† and Kayo Horie †, Kanako Yamanouchi, Toshiko Tomisawa, Maiko Kitajima, Indrawati Oey and Hayato Maeda . †These authors contributed equally to this manuscript. Blackcurrant (Ribes nigrum) Extract Prevents Dyslipidemia and Hepatic Steatosis in Ovariectomized Rats. Nutrients, 12, 1541; doi:10.3390/nu12051541, 2020

Horie K, Iseki C, Kikuchi M, Miyakawa K, Yoshizaki M, Yoshioka H, Watanabe J.Bmi-1 Immunohistochemical Expression in Endometrial Carcinoma is Correlated with Prognostic Activity.Medicina (Kaunas), 12;56(2). pii: E72. doi: 10.3390/medicina56020072, 2020

Naoki Nanashima ,† and Kayo Horie †These authors contributed equally to this manuscript.Blackcurrant Extract with Phytoestrogen Activity Alleviates Hair Loss in Ovariectomized Rats.Molecules, 24(7). pii: E1272. doi: 10.3390/molecules24071272, 2019

Kayo Horie , Naoki Nanashima , and Hayato Maeda. Phytoestrogenic Effects of Blackcurrant Anthocyanins Increased Endothelial Nitric Oxide Synthase (eNOS) Expression in Human Endothelial Cells and Ovariectomized Rats.Molecules. 24(7). pii: E1259. doi: 10.3390/molecules24071259, 2019

Kayo Horie, Hayate Yamamoto, Kouhei Karube, Kai Takebayashi, Hironori Yoshino, Haruhiko Yoshioka, Jun Watanabe. Cyclin A is a reliable proliferation marker in endometrial cancer cell lines.ONCOLOGY LETTERS 17: 4455-4462, 2019

Kayo Horie, Tetuo Mikami, Tsutomu Yoshida, Yuichi Sato, Isao Okayasu. Peroxiredoxin 1 expression in active ulcerative colitis mucosa identified by proteome analysis and involvement of thioredoxin based on immunohistochemistry.Oncol Lett.15: 2364-2372, 2018

Fujitani Nª, Furukawa Jª, Araki(Horie) Kª, Fujioka T, Takegawa Y, Piao J, Nishioka T, Tamura T, Nikaido T, Ito M, Nakamura Y, Shinohara Y (a: equally contributed).Total cellular glycomics allows characterizing cells and streamlining the discovery process for cellular biomarkers.PNAS, 110: 2105-2110, 2013

Araki(Horie) K, Mikami T, Yoshida T, Kikuchi M, Sato Y, Oh-ishi M, Kodera Y, Maeda T, Okayasu I. High expression of HSP47 in ulcerative colitis-associated carcinomas: proteomic approach.Br J Cancer.101:492-497, 2009.

堀江 香代, 藤田大貴, 三浦文仁, 金丸絋弓, 吉岡 治彦, 渡邉 純. 子宮内膜癌細胞株(Ishikawa細胞)におけるestrogen receptor(ER)遺伝子導入及びエストロゲン作用の検討.青森県臨床細胞学会雑誌 第35号、35-41, 2018
 
堀江 香代, 後藤 勇也, 野呂 美鈴, 吉岡 治彦, 刀稱 亀代志, 小島 啓子, 横山 良仁, 渡邉 純. 子宮内膜液状化検体細胞診法(LBC法)の精度向上を目的とした細胞像と画像解析の比較. 医学検査66 2, 103 -108, 2017


その他は 弘前大学研究者総覧 研究活動をご参照ください

 

 

 

 

 

 

 



 

 

総説/解説

社会活動

平成27年度 弘前大学 市民公開講座 「がんは早期発見で予防できる・子宮頸癌検診のすすめ」 講演,  2015/10/18

平成27年度弘前大学ドリーム講座 「臨床検査ってなんだろう?臨床検査技師・細胞検査士の仕事」講義, 2015/11/11

弘前大学出張講義「卵巣癌の増殖・浸潤を抑制する腫瘍抑制型エクソソームの作成と新規治療法の開発」講義, 2015/12/3

弘前大学模擬講義 「がんの診断に関わる細胞検査士の仕事と大学での研究について」講義, 2019/2/4

令和元年度 「知の創造」弘前大学市民公開講座「青森県産食材から健康を!カシスとそばもやしの機能性」 講演, 2019/10/27

所属学会

日本臨床細胞学会
日本臨床衛生検査技師会
日本癌学会
日本病理学会
The international academy of cytology

備考

リンク
弘前大学HP 教育研究総覧 弘前大学医学部保健学科検査技術科学専攻細胞検査士養成課程HP 2019/09/24 ·イノベーション・ジャパン2019「カシス抽出物は更年期障害の軽減に有効か?」発表動画
研究内容
2018年日本臨床細胞学会秋季大会発表ポスター
ページトップへ