大学院保健学研究科

生体機能科学領域

助教:堀江 香代

kayo horie
学位
博士(医学)
職位
助教
所属
保健学研究科 医療生命科学領域 病態解析科学分野
電話番号
0172-39-5527
e-mail
k-horie
※アカウントの後に「@hirosaki-u.ac.jp」を加えてください。

学部

専攻

検査技術科学専攻

研究テーマ

・網羅的Micro RNA解析を用いたヒト卵巣癌プロファイルの探索
・卵巣癌の増殖・浸潤を抑制するエクソソーム内在マイクロRNA探索と作用機序の解明
・プロゲステロンによる子宮内膜癌・増殖抑制刺激伝達系の網羅的解析

前期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

○卵巣癌におけるエクソソーム内在因子に関する研究
○子宮内膜癌細胞における性ステロイドホルモンの作用機序解析
○カシスフィトケミカルによる生活習慣病の予防

後期課程

研究領域

生体検査科学領域

研究テーマ

○カシスフィトケミカルによる生活習慣病の予防
○細胞外小胞(エクソソーム)による腫瘍マーカー及び、がんの予後・予知因子に関する研究

キーワード

病理組織細胞学
卵巣癌エクソソーム
microRNA
子宮内膜癌のエストロゲン・プロゲステロン作用

業績

著書

弘前大学レクチャーコレクションLecture4 「がんを捉える」, 弘前大学出版会,単行本共著(一般書),堀江香代他, 2020

学術論文

Naoki Nanashima ,† and Kayo Horie †, Kanako Yamanouchi, Toshiko Tomisawa, Maiko Kitajima, Indrawati Oey and Hayato Maeda . †These authors contributed equally to this manuscript.Blackcurrant (Ribes nigrum) Extract Prevents Dyslipidemia and Hepatic Steatosis in Ovariectomized Rats.Nutrients, 12, 1541; doi:10.3390/nu12051541, 2020

Horie K, Iseki C, Kikuchi M, Miyakawa K, Yoshizaki M, Yoshioka H, Watanabe J.Bmi-1 Immunohistochemical Expression in Endometrial Carcinoma is Correlated with Prognostic Activity.Medicina (Kaunas), 12;56(2). pii: E72. doi: 10.3390/medicina56020072, 2020

Naoki Nanashima ,† and Kayo Horie †These authors contributed equally to this manuscript.Blackcurrant Extract with Phytoestrogen Activity Alleviates Hair Loss in Ovariectomized Rats.Molecules, 24(7). pii: E1272. doi: 10.3390/molecules24071272, 2019

Kayo Horie , Naoki Nanashima , and Hayato Maeda. Phytoestrogenic Effects of Blackcurrant Anthocyanins Increased Endothelial Nitric Oxide Synthase (eNOS) Expression in Human Endothelial Cells and Ovariectomized Rats.Molecules. 24(7). pii: E1259. doi: 10.3390/molecules24071259, 2019

Kayo Horie, Hayate Yamamoto, Kouhei Karube, Kai Takebayashi, Hironori Yoshino, Haruhiko Yoshioka, Jun Watanabe. Cyclin A is a reliable proliferation marker in endometrial cancer cell lines.ONCOLOGY LETTERS 17: 4455-4462, 2019

Kayo Horie, Tetuo Mikami, Tsutomu Yoshida, Yuichi Sato, Isao Okayasu. Peroxiredoxin 1 expression in active ulcerative colitis mucosa identified by proteome analysis and involvement of thioredoxin based on immunohistochemistry.Oncol Lett.15: 2364-2372, 2018

Fujitani Nª, Furukawa Jª, Araki(Horie) Kª, Fujioka T, Takegawa Y, Piao J, Nishioka T, Tamura T, Nikaido T, Ito M, Nakamura Y, Shinohara Y (a: equally contributed).Total cellular glycomics allows characterizing cells and streamlining the discovery process for cellular biomarkers.PNAS, 110: 2105-2110, 2013

Araki(Horie) K, Mikami T, Yoshida T, Kikuchi M, Sato Y, Oh-ishi M, Kodera Y, Maeda T, Okayasu I. High expression of HSP47 in ulcerative colitis-associated carcinomas: proteomic approach.Br J Cancer.101:492-497, 2009.

堀江 香代, 藤田大貴, 三浦文仁, 金丸絋弓, 吉岡 治彦, 渡邉 純. 子宮内膜癌細胞株(Ishikawa細胞)におけるestrogen receptor(ER)遺伝子導入及びエストロゲン作用の検討.青森県臨床細胞学会雑誌 第35号、35-41, 2018
 
堀江 香代, 後藤 勇也, 野呂 美鈴, 吉岡 治彦, 刀稱 亀代志, 小島 啓子, 横山 良仁, 渡邉 純. 子宮内膜液状化検体細胞診法(LBC法)の精度向上を目的とした細胞像と画像解析の比較. 医学検査66 2, 103 -108, 2017


その他は 弘前大学研究者総覧 研究活動をご参照ください

 

 

 

 

 

 



 

 

総説/解説

社会活動

平成27年度 弘前大学 市民公開講座 「がんは早期発見で予防できる・子宮頸癌検診のすすめ」 講演,  2015/10/18

平成27年度弘前大学ドリーム講座 「臨床検査ってなんだろう?臨床検査技師・細胞検査士の仕事」講義, 2015/11/11

弘前大学出張講義「卵巣癌の増殖・浸潤を抑制する腫瘍抑制型エクソソームの作成と新規治療法の開発」講義, 2015/12/3

弘前大学模擬講義 「がんの診断に関わる細胞検査士の仕事と大学での研究について」講義, 2019/2/4

令和元年度 「知の創造」弘前大学市民公開講座「青森県産食材から健康を!カシスとそばもやしの機能性」 講演, 2019/10/27

所属学会

日本臨床細胞学会
日本臨床衛生検査技師会
日本癌学会
日本病理学会
The international academy of cytology

備考

リンク
弘前大学HP 教育研究総覧 弘前大学医学部保健学科検査技術科学専攻細胞検査士養成課程HP 2019/09/24 ·イノベーション・ジャパン2019「カシス抽出物は更年期障害の軽減に有効か?」発表動画
研究内容
2018年日本臨床細胞学会秋季大会発表ポスター
ページトップへ